エド・はるみの誹謗中傷の内容とは?裁判で勝訴出来る見込みは…。

この記事は3分で読めます

エド・はるみ

「グ~」のネタで一世を風靡し、42歳というかなり遅めの芸人デビューながら、大ブレイクを巻き起こした女芸人のエド・はるみさん。

そんなエド・はるみさんが自分自身に対する誹謗中傷に対し、法的な措置をもって対応するということが発表され大きな話題になっています。

そもそもエド・はるみさんが受けた誹謗中傷の内容はどんなものだったのでしょうか?
そして裁判をしたとして勝訴できるのでしょうか?

SponsoredLink

エド・はるみとCA事件

今回のことをよくよく調べてみると、
エド・はるみさん自身が誹謗中傷を受けるきっかけとなった事件が
どうやらあったようです。

その詳細な経緯は以下の通り。

 

エド・はるみさんが飛行機に乗っていたところ、
空調の真下の席になってしまったために

「寒いので席を変えてもらえないか」

と頼んだところ、長い時間待たされた上に、
「空いている席はない」との返答。

 

しかし、どうしても我慢が出来なくなったエドさんは、
別の通りがかったCAに再度、席替えを依頼。

そうしたところ、すんなりと席を変えてくれたのだとか。

 

そして、新しい座席に座って過ごしていた際に
最初に話かけたCAが通りがかると、

「席、ありましたけど・・・」

と声をかけたのだそうです。

 

このことが後日、mixiで掲載され、
「エド・はるみ許すまじ!」というタイトルが
ついた記事で配信されました。

(以下、該当記事引用)

座談会出席者
A…ANAのCA。新卒採用で入社。CA経験3年未満
B…ANAのCA。中途採用で入社。CA経験3年未満
C…ANAのCA。新卒入社5年以上。チーフパーサー(CP)経験あり

A 芸能人で評判が悪いのは、エド・はるみ。
同期が体験したんだけど、機内の空調を止めろって言ってきたんだって。
止めろって、上空の気温はマイナスなんですけど。
「それはできかねます」と答えたら、「なんでできないのよ!」って大声で怒られて、
さすがにそれはレポートアップ(=会社に報告書を提出)したって言ってた。
世間では評判がいいのに、ショック。

C エドは、以前にも「寒いからプレミアムクラスからエコノミーに移動したい」と自分で希望したくせに、
「エコノミーには人がいっぱいだから嫌」といって怒鳴ったんだよ。

 

もちろん、これはお互いがお互いの言い分なので、
どっちが正しいことを言っているのかはわかりません。

しかしながら、この件に関しては、

「わざわざ最初のCAに再度、声をかけなくてもよかったのではないか?」

という声が多く聞かれました。

 

飛行機が飛んでいる中でのCAは分単位のスケジュールで動いており、
ひょっとすると余裕のないタイミングで話かけてしまったのかもしれません。

そして、この記事が公開されたころから、
このころからエド・はるみさんに対しての
バッシングが始まったと本人は語っていました。

Twitterで死亡説?

SponsoredLink

さらにその後には、Twitterで死亡説が流れることに…。

結論から言ってしまうと、それはその時期に逝去された方の記事の画像を
エド・はるみさんに差し替えてアップロードされた悪質なものでした。

しかしながら、この件に関してエド・はるみさん自身がTwitter上で犯人捜しを開始し、
最終的には恐らく犯人だろうと思われる人物にたどり着きます。

 

ですが、この行動を見ていた一般のユーザーからは、

「ちょっとやりすぎではないか?」

という見方をされ、エドさん自身の好感度をさらに落としてしまうことになりました。

それというのも、同じく死亡説を流された芸人の小島よしおさんは、
下記のようにツイートし、芸人らしい対応でスルーしていることも
影響したように思います。

裁判で勝てるのか?

エド・はるみ1 300x225 エド・はるみの誹謗中傷の内容とは?裁判で勝訴出来る見込みは…。

今回は特定の相手を提訴ということではなく、「法的な措置を検討」とあります。

このことを発表した弁護士事務所は過去にネット上での中傷記事を転載した雑誌を相手取って
裁判を起こしており、名誉棄損の判決で勝訴をしています。

なので、今回の件に関しては勝訴の見込みはあります。
しかしながら、仮にそれが勝訴となったところで、
エド・はるみさん自身の評判は上がらないような気がします。

 

お笑い芸人というのは立ち位置が難しく、
「人を笑わせる」ということを仕事とするわけですが、
時に「人に笑われる」こともあります。

いずれにしても話題にしてもらわなければならない存在なのですが、
今回の件は良くも悪くもそれを「規制する」流れです。

 

人としての尊厳を確保するのか、
それとも人に笑われて、ネタにされてでも、
お笑い芸人というものに徹するのか。
このことはエド・はるみさん自身にとって、大きな岐路となりそうです。

 

ちなみにこれは、匿名での誹謗中傷に対する発言に関して、
犯罪になるのかならないのかという要素にも踏込む話でもあることから、
注目度が高い話題となっているようです。

いずれにしても今後の動向が、注目されますね。

SponsoredLink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 国山ハセン
  2. 松村雄基 髪
  3. ビックダディ1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。